yui’s Topics

新着情報・ブログ

  • 障害年金は難しい?28 第3段階-7 働きながら2級編

    前回まで

    障害年金の難しさの第3段階は障害状態が想定通りに評価されない事

    その要因の一つが就労に関しての捉え方 私の結論は

    障害年金は働きながら受給できなければ意味がない

     

    今回は2級受給と就労について

    まず障害年金の2級金額は

    障害基礎年金の場合、月額約65,000円

    障害厚生年金でも若年者なら月額約10万円程です。

    この金額では生活保護よりも低いわけですから、

    単身者の場合プラスで給与収入がなければ

    障害年金なんかもらっても何の意味もないんですよ

     

    国も大きな方針としては、

    障害者が就労に向けて訓練できるようにし、

    会社に障害者を一定の割合で就労させる義務を課して

    障害者も出来るだけ就労できるよう法整備をしています。

    半面、就労継続支援事業所の給料や障害者雇用の給料は

    それだけで生活するには充分ではないです。

    つまり

    障害年金と障害者雇用などの就労収入は

    両輪で活用されなければ意味をなさないのです

    障害年金を受給しながらできる範囲で就労することこそが

    国の想定する理想的な障害者の生活環境となるはずです。

     

    ではなぜ、就労していると2級に該当しない という風潮があるのでしょうか?

    原因の一つが審査の視点が相対評価になっていることだと思います。

    仮に就労不可の状態で障害年金2級を受給していた人が

    更新時にA型事業所や障害者雇用で就労していたとする。

    本来であれば上記のような就労ならば2級該当でおかしくないのだが、

    就労していない状態で2級を得た

    就労しているという事は、程度が軽くなったと判断できる

    受給時>更新時

    よって更新時は2級不該当

    受給時と更新時を相対評価するとこのような結論に陥ってしまいますが

    もしそうならばハッキリ言ってアホだと思います。

     

    2級の障害状態というのは皆全く同じ状態ですか?

    1級に近い2級もあれば、3級に近い2級もある

    この当たり前の現実を想像できませんか?

    上の例でいえば、

    就労が完全不可だった時は1級に近いような2級だった

    更新時に障害者雇用で就労できるようになったという事は

    まだ2級だが、3級の評価に近くなってきた。

    これが一般雇用で時短勤務になれば3級相当と判断する

    一般雇用で通常勤務になれば3級不該当とする

    こういった過程を経て再び就労できるようにする事が

    障害年金の社会的な意義だと考えます。

     

    受給者の中には働くと今の障害年金が止まってしまうから

    働かない、働きたくないと考える人がいます。(マジで)

    家族の保護があるならばそれでも生活できるでしょうけど

    単身生活ならば先に述べたように暮らしていけません。

    生活できなければ結局生活保護になる

    国としては年金だろうと生活保護費だろうと

    結局は出ていくお金が増えるだ

    その人も障害者で生活保護ならば二度と働かないでしょう

    就労してもらってこそ得られる税や社会保険料収入も無い

    就労が原因で年金が止まると思われるということは

    こんな結論に向かって進んでいるということです

     

    一般雇用で制限なく働けるまでは障害年金で支えます

    社会も会社もしっかりサポートしなさい

    その代わり早く就労できるよう治療回復につとめてくれ 

    出来る仕事があるなら働いてくれ

    そういうメッセージを国として発信してくれないと

    障害年金を含む国の社会保障制度は崩壊するでしょうね

     

    続く

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    この記事を読んだあなたに

    おすすめの記事

  • カテゴリー

    最新のニュース

    カレンダー

    2022年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

Copyright © 社労士オフィス結 All Rights Reserved.